オ・ト・クに着物買取

着物買取を利用すればオトク?!

レトロブームで着物買取業者から引く手あまたのアンティーク着物

文化的に成熟化した日本で、特にファッションセンスや繊細な感性をもった女性が好む大正ロマンの世界。当時の叙情画には着物姿の女性が数多く描かれ、なかでも竹久夢二をはじめとする人気画家の作品をモチーフとして、アンティーク着物を着こなす女性が少なくありません。そんな根強いレトロブームもあって、着物買取においては、戦前から昭和中期以前のアンティーク着物が歓迎される傾向にあります。もちろん、アンティーク着物であれば何でも人気があるわけではありませんので、具体例をあげて人気のものをご紹介いたします。

まず、縞や幾何学的な柄が多く現代的なアクセサリーとの相性が良い秩父銘仙や足利銘仙そして伊勢崎銘仙といった銘仙着物は、使用感が多めでも着物買取業者が歓迎する着物です。現代ではレトロブームにのって銘仙の反物を復活させるなど話題に事欠きませんが、やはり大正時代から昭和初期にかけて織られた銘仙の風情は格別です。

着物姿の女性がはおる外出着として道行そして羽織があげられますが、羽織のなかでも膝下まである長羽織は数が少なく、特に女性の絵羽羽織は長着の上に着用しても美しい絵柄が映えるので、アンティーク着物のとして販売価格が高いだけでなく、着物買取においても高額査定が期待できます。 また、現代では職人の数も減ってしまった手刺繍の入った振り袖や、当時の西洋趣味を着物に生かしたトランプ柄、女性なら誰もが好む蝶がモチーフとなった柄、少し変わったところではクモの巣やドクロといったモチーフが織られたり描かれた着物は、特に若い女性が好むため着物買取では歓迎されるアイテムです。 以上のようなタイプ以外にも、縞柄や絣柄の久留米絣や川越唐桟といった上質な綿織物も一部の着物愛好家が好んで着用する着物です。

いずれの着物買取における人気アンティーク着物も、程度によって査定価格に差が生じます。事前にシミや汚れをチェックし除去したり、アイロン等でシワを伸ばしたり、きれいな畳紙に包んでおくなどして、キレイな状態してしておくことが大切です。また、ひとえに着物買取といっても、販売業者によって得意不得意があります。着物買取業者に査定を依頼するさいには、インターネットや電話で好みのタイプや買い取りリストを確認するなどすることが大事です。着物に限らずアンティーク全般にいえることですが、興味のない人にとっては無用の長物であっても、愛好家にとっては宝物です。一カ所での査定で一喜一憂せず、買取価格に納得できなれば他の店にあたってみる勇気と好奇心を忘れずに。

Copyright(C)2014 オ・ト・クに着物買取 All Rights Reserved.